SEO対策
ホーム > SEO/SEM対策

10位以内を達成~成果報酬型SEO対策

どんなに立派なホームページでも訪問者がいなければ無いものと一緒です。狙ったキーワードによる検索順位が10位以上になって課金する成果報酬型のサービスです。内部・外部要素の見直しは勿論のこと、市場調査によるユーザのニーズ(キーワード検索語句)を取り入れホームページを活きた情報源に変えて行きます。

検索エンジンの構成

図に示したのはGoogleにて「美容院」というキーワードにて行った検索結果です(一部見やすくするため加工しています)。赤い線で囲った部分は「有料広告スペース」で、検索語句に併せた広告が表示される、Yahoo!JAPANではオーバーチェア、Googleではアドワーズという検索エンジンの広告システムです。

これらはPPC(PayPerClick)広告、リスティング広告と呼ばれ、1クリック毎に課金されるシステムとなっています。広告主は入札方式で設定されたキーワードを購入するため、人気のあるキーワードは希望広告主が増えて、1クリック当たりの単価が上昇していきます。(人気キーワードでは数千円単位のものが稀にあります)

一方、青い線で囲まれた部分が、通常の検索結果表示となる個所です。この部分はSEO対策によっては、狙ったキーワードにおいて広告に依存せず上位表示が可能となり、常に安定した訪問者を自社サイトに導くことができます。

SEO対策により自然上位表示させるケースと、広告により表示させるケースとでは、一般的にキャンペーンなど一時的に訪問者を呼込むの手段として用いられるのがPPC広告で、長期に渡り安定した訪問者を呼込むためには、SEO対策による自然表示が適していると考えられます。

見込客の獲得

SEO対策の最終目的はアクセスアップではなく、売上につながる見込み客の囲い込みです。見込み客につながる適切なキーワードでサイトへ呼込むことが出来ると、売上につながる確率を高めることが出来ます。

ホームページに関連するキーワード、商品に関連するキーワードで検索エンジンで上位になれば、訪問者の数と比例して売上も高くなると思われがちですが、アクセス数と売り上げは必ずしも比例はいたしません。

売上につながる訪問者の誘導はアクセスアップに頼るのではなく、訪問者のニーズを含んだキーワードの設定がとても重要となってまいります。

ホームページに効率的なSEO対策をすることで、サービスや商品に関心のある訪問者の呼込むことができる、よりターゲットを絞り込んだ広告媒体にすることが出来ます。

SEO/SEM対策