ホーム > システム開発 > オークションシステム開発

オークションシステム開発

オークションサイトを自社サービスとして運営出来る、貴社オリジナルオークションシステムを開発・構築いたします。

様々なタイプのオークションが存在しますが、システム面からすると大きく分けて以下の3つに分類できるかと考えられます。

  • ヤフオク!を代表とするネットオークション。設定された開催期間中に入札できる仕組みであり、複数の作品が並列で進んでいくタイプのオークション。
  • アートオークションや美術オークション、車の中古車のように、閉ざされた会場で開催する型式で、1作品ずつ数分内で落札が決定するオークション。
  • そして会場で開催するオークションと同時開催で、オンラインからも入札出来るリアルタイム方式のライブオークション。

特に、3つ目にご紹介したライブオークションは、わずか数分内で落札が決定するためオンラインからもオークションならではの高揚感が伝わり、今後の主流となってくるものと考えられます。

その他、ネットオークション形式で管理者が作品を管理するケースなどあり、オークションと一言で表現するも様々な形式のオークションが存在し、お客様のご要望に沿った構成をご提案いたします。

弊社がご提供するオークションシステムは、お客様のご要望に沿った形で進める完全オーダーメイド形式。前述のように様々な形式から成るオークションシステムは、汎用システムではどうしても無理が生じてしまいます。本ページの最後にQ&Aをいくつかご紹介します。こちらも併せてご覧ください。

マイページ

会員登録制とし、各会員ごとにマイページを用意いたします。出品履歴や落札履歴、入札履歴など、自身の利用履歴を確認できる機能を実装することが出来ます。

お気に入り登録

数ある作品から「お気に入り作品」として登録できる機能。登録後、自身のマイページより確認することが出来るため、入札漏れを防ぐことが出来る機能です。

フォローボタン

作家やメーカー、ブランドなどをフォローできる機能。フォローしている作家や商品が出品されたら、条件にマッチした会員宛にアラート通知としてメールが配信されます。

ポイント計算

落札価格などに対し、任意のポイントを与える機能も可能です。拡張性のあるシステムの導入で、他のコンテンツと連動させ付加価値の固いオークションシステムを導入・運営することが出来ます。

出品者評価システム

出品者評価システムの導入で落札者と出品者のコミュニティはもちろん、ユーザに対し入札システムに安心感を与え、より多くの取引量が見込まれます。

会員管理機能

オークション会員管理機能として、会員データベースを元に出品者、および落札者の入札・落札情報を管理するシステムの提供も可能です。全てを一元管理するシステムでの運用で、幅広い拡張性のあるサービスの提供が可能です。

会場で開催されているアートオークション

その他、最低落札価格設定や、定額入札方式、入札課金システムなど、ありとあらゆるアイデアを形にしていきます。完全貴社オリジナルオークションシステムの開発で、より完成度の高いオークションシステムをご提供いたします。お問い合わせください。

パッケージ製品を選ぶ理由は?

安価で汎用的に販売されているシステムを見かけることがございます。 それら素晴らしいシステムの多くは、いわゆるYahoo!Auctionを参考にしたネットオークションを想定したものと見受けられますが、 企画されている運営予定のオークションが同様のものであれば、それらパッケージを導入し、必要に応じて修正を依頼されるのが、早く、そして安価に公開出来ると思われます。

オリジナル開発のメリットは?

大きく分けて、拡張性の自由度と、セキュリティーの確保と2つのメリットがあると考えています。オリジナルであるが故に拡張性の自由度というのは想像が付くかと思われますが、機能に関しても、汎用製品の場合、追加のハードルは思いのほか高く、その追加したい機能の数分だけコストは増加していきます。またセキュリティーに関しては、SQLインジェクション攻撃による情報漏洩やサイト改ざんの事件が頻発するようになった昨今、(特にオープンソースなど)製品固有の仕様を悪用されることが少なくないため注意が必要です。

パッケージ製品とオリジナル(フルスクラッチ)、どっちが良い?

選ぶのはお客様ですが1つの考え方としてご案内するとしたら、Yahoo!Auctionを見ていて、同じようなオークションサイトを運営・導入されたいのであれば、パッケージ版を導入された方が宜しいかと思います。
他方、「ちょっと違うんだよな」と思う方は、オリジナルを視野に検討された方が結果的に理想の形に近づけるかと思われます。もちろん「オークションとはいえ全く違う仕組み」というのであれば、初めからオリジナルを検討することをお勧めします。

会場で開催のオークションを、オンライン経由でリアルタイム入札できる仕組みを検討しています。一般のネットオークションと同じシステムで代用できますか?

答えから申し上げると非常に難しいかと思われます。会場で取り扱う入札データとオンラインからの応札データを同時に並列で扱う必要があり、入札のタイミングでこのデータを紐づける仕組みが求められ、管理者の操作画面の用意も含め、コスト的にも、そしてセキュリティー的にも専用システムの導入をお勧めしています
なお、オークションから若干話がズレますが、リアルタイム入札で最近多くお話をいただくのが同時並行で会場の様子を動画配信できないか?というものです。こちらも併せてご提供しています。ご相談ください。

上記はSBIアートオーション様のライブ入札画面です。コロナ禍において、会場での開催は行わず、書面入札と電話入札、そしてオンライン経由であるLIVE入札だけでの開催されている場面です。弊社とは関係ありませんが同様のシステムをご用意出来ますことご紹介します。